たくさんの恵みをいただいたトウモロコシに感謝

2017.8.17 「収穫祭」です。

5月20日に種を植えたトウモロコシは、ちょうど83日目の8月11日に収穫しました。今日は残ったトウモロコシの収穫と後片付けです。

 

午前8時前!道の駅「瀬戸しなの」  CAAC13人衆 平谷村目指して、いざ出陣~~

「♪ 誰が生徒か先生か~ ♬ 誰が生徒か先生か~ ♫ みんな先生の顔してるよ~」

                                             

                  

 

順調に363→257→418を進んで、予定より早く平谷村へ到着しました。天気も思ったより良くて快適です。

先に到着した者から、さっそく農作業開始です。

  

ことえさん何笑っているのかな、ちえこさんが何か言ってるのかな、ちえこさんのこのポーズが気になります。

たまには、みんな一生懸命に汗を流して働きます。

素人集団が台風対策の「つもり」で張った紐も回収します。

  

枝豆は小さいけど、ビールのつまみに収穫します。ニンジンは超スローに成長?してるのかな。  

落花生はいつ食べれるんだろうか。

   

 鎌でトウモロコシをゲットした猟友会のアキラさんです。  半分もらってかぶりつくトウモロコシ農家のシゲさん。

             

アキラさん「さあ遠慮せず食べてくれ。今日の昼飯だ。」  ひろこさん「あたし、生より、しょうゆ付けて焼いたのがいいわ。」

「トウモロコシ端会議」で手も口も忙しい農家の奥様方!    

トシフミさん「この杭は、用心のため玄関先に1本置いておこう。」   

ちえこさん「あらあたし、そんなもの無くっても、ぜんぜん平気よ。」

平谷村の「集団農場」あっ間違いました。

平谷村の「小規模手だくさん農業」にたずさわる、若いのか年なのか、よくわからないみなさまです。                

枝豆を茎からはずす作業を、数えきれない人数で、寄ってたかって、あっという間に片付けます。

♪ ど~この誰かは知らないけれど、♫ 誰もがみいんな知っていいる~ ♬ CAACのおじさんおばさんは~  ♪ 平谷の見方よ良い人よ~

♪ 疾風のようにように現れて、疾風のように去ってゆく~ ♫ へ~んなおじさん、おばさんはだれでしょうお~ ♫ へ~んなおじさん、おばさんは誰でしょうお~

畑に来ると、みんないい笑顔になります。平谷の土と太陽とおいしい空気の恵みでしょう。これで当分いい気分になれます。幸せ~~

お昼は平谷の「大柳」でヤマメの塩焼きと唐揚げ、それに五平餅を自分たちで焼いて食べました。「汗だく~」でも「風が涼しい~」

  

13時30分ころ コテージに荷物を運びこんで、いざ温泉~。 今日と明日は、何回でも入れる券があるから入らにゃソンソンなんです~。

                  

15:30~16:00 さ~バーベキューの準備です。 もうすぐ飲めると思えば、心も軽く手も軽く、みんなでやればなんでも楽し。

  

16:10 天気は上々、空気は清々涼々としています。

オサムさん「おれはハタチだ。燃える青春だ。」・・・・いやホントに燃えているんじゃないですか!!

本日の最も高い食材・・・たったの1個で3,300円・・・税込み3,564円・・・4分の1なら891円・・・ すいか様様!!・・・あとでしっかり食べてあげます。

さあ「収穫祭」のメインイベント、バーベキューパーティの始まりです。まずは畑の師匠、西川さんのご挨拶と「カンパーイ!!」でスタートしました。

アキラさん、一人こっち向いてどうしたんですか。「いやあ、これから好きなだけ飲めると思うと、つい笑いが込み上げてきて・・・ふふふふふ」

  

西川師匠「肉が足りなくなったら、私の腹の肉を提供しよう!」・・・・・い・いえ・け・結構です。つつしんでご遠慮いたします。”(-“”-)”

  

ことえさん「あたし焼く人」「焼けたら食べる人」・・・さすが事務局、しっかり度がすごい・・・見習わないと。

  

師匠の話に、耳を傾けるオサムさん。 二人の真剣さが伝わってきます。

シゲさん「に・にくが・燃えてるよ!」

ことえさん「しっかり焼けてると言ってちょうだい。」

まつのやのつまさん、そんなジャンケンないですよ。グーはおやゆびもグーにしないと。はい3人もう1回! ジャンケンポン!! 勝った人は上カルビ食べ放題!!

さ~みなさん、じゅうぶん酔っぱらったところで、ここからは野外研修、「まつのやのつまさん」による「ござねぶりはなぜおいしか」の始まりです。

まずはちえこさんに、ちゃわんでグーッと一杯、飲んでもらいましょう。

そのあとどうなったかは、みんな酔っぱらっていて誰も覚えていないと言っていました。

世の中真っ暗闇だけど、俺たちゃ明るい三人組だぜ!! 

アキラさんです。「今日は美人が多くて目移りしていかんなあ」・・・ちほこさん「あなた見る目があるわねえ」

みなさん、青春真っ只中。飲めや、歌えや、ウラウララ~!!

 

ことえさん「あ~悪いものを聞いてしまった。」・・・ちほこさん「あら~大丈夫よ。もう一杯キューと飲めば、すぐ忘れられるから。」

「さあ~夜はこれからだ。ニンニクばんばん入れて、精つけて、朝までのむぞー!!」 「そうしましょう。そうしましょう。」

突然ですが、スイカ食べ放題祭りに早変わり!!  ちえこさん「わたし半分もらって帰る。いいでしょ。」

  

こんな大勢で1個のスイカを食べるのは、半世紀以上ぶりのような気がします。でもあの頃は、子供が大勢だったような・・まあみんな「元、子供」です!!

翌18日の朝は土砂降りです。雷まで鳴っていました。でも10時までにチェックアウトだし、こりゃたいへんだ。

みんな行いいいから、雨も少し小降りになって、みんなで記念撮影。こんなまん中ですみません。次の企画まで乞うご期待です。

行きはよいよい。帰りはこわい。じゃないけれど、初日は、あまり良くない天気予報にもかかわらず、ちゃんと一日

いい天気でいてくれました。少しですが星も見えていました。

二日目は、それはそれは、すごい天気でしたね。朝は土砂降り。少し小やみになって、11時頃からまたすごい雨。

そのころ及川カーの四人は、「侍」でソバ食っていて、運良く土砂降りに合わずに済みました。

そのほかのみなさんは、途中で土砂降りの豪雨に突入したとの報もいただき、お気の毒さまでした。

これに懲りずに、またみんなでなんか企画しましょうね。

あとになってしまいましたが、畑の師匠西川さん、役場の新井さん、まつのやのつまさんには、なにからなにまで

たいへんお世話になりました。これからもっよろしくお願いいたします。

ちょっと、わたくしの晩酌の時間が近づいてきましたので、とりあえず、見直しもせず、アップいたします。

修正依頼は24時間どんどん受け付けますので、お申しつけ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP